カメラ転売!ヤフオクを使った稼げるリサーチ方法




みなさん、こんにちは!

&RYUです。

イーベイ輸出でカメラ転売を始める場合、カメラを仕入れる必要があります。

このカメラを仕入れる為のリサーチ術を公開したいと思います。

このリサーチ術を使っていけば、月収5万円の道は必ず開けます。

なぜなら僕が現在もこの方法を使って月収5万円以上稼いでいるからです。

王道のリサーチ方法です。

リサーチとは

仕入れるために、市場調査と言いますか、商品リサーチをすると思います。

転売の基本はみなさん、ご存知ですか。

そうです。

安く買って、高く売る。これが基本です。

イーベイカメラ転売でも、この安く仕入れて高く売るために、リサーチは欠かせないのです。

商売においてリサーチは、在庫管理と同様切っても切り離せない行動です。

王道の商品仕入れサイトはこれだ

以前からも言っている通り、ヤフオクを使った仕入れは王道中の王道です。

このヤフオクの仕入れを極めるだけで、安定して商品の仕入れることができます。

僕は店舗仕入れはたまにするぐらいで、ほぼネット完結で仕入れを行っています。

なので、足で使ってとかはせず、部屋でぬくぬくしながらパソコン前ですべて完結させています。

それでは、ヤフオクリサーチスタートしましょう!

基礎知識!検索キーワードの入力はこうだ!

カメラレンズには、いろいろな表記があります。

デジタル一眼カメラのAFレンズ表記まとめ

それぞれに意味があり、同じレンズでも表記が違うこともあります。

レンズのグレードのようなものです。

そういう表記とは反対に、検索する場合に必要のない表記もあります。

例えば、このレンズ

CANON ZOOM LENS EF-S 18-55mm F=1:3.5-5.6 IS STM

のレンズになります。

このレンズを検索するときの検索キーワードの入力は、

「CANON EF-S 18-55 3.5-5.6 IS STM 」

と検索します!

ZOOMやLENS、mmやF=というのは、検索キーワードから外しても問題ありません。

またこのキーワードを入力すると余計な商品が表示されたり、表示されなかったり、

正確な検索結果が得られません。

反対に、ISやSTMというキーワードを外してしまっても検索結果が十分に得られません。

削除するキーワードは、

「F」「mm」「/」「:」

などです。

また検索するときに、

CANON EF-S 18-55 3.5-5.6 IS STM

全角でスペースを空けるのではなく、

CANON EF-S 18-55 3.5-5.6 IS STM

半角でスペースを空けるようにしましょう!

これで、だいたい自分の調べたい検索結果を得ることができます。

ヤフオクを使った王道リサーチ方法はこれだ!

今から僕が実際にしている、リサーチ方法を紹介します。

ヤフオクの検索結果表示の仕方

まず、ヤフオクにアクセスします。

トップページ左側のカテゴリ選択から「家電、AV | カメラ」の中から、

「カメラ、光学機器」を選択します。

左側メニューの中に、デジタルカメラ、フィルムカメラ等ありますが、

今回は、「レンズ」を選択します。

次に、左側のメニューからメーカーを選ぶことができますが、

「すべての商品を見る」を選択します。

検索結果が表示されたら、もう少し見やすく検索結果を並べ替えていきます。

検索結果表示数を「100」、終了残り時間「一番遅い時間」とします。

また左側メニューから、価格上限を「50000円」、商品の状態を「中古」とします。

詳細ページを見る必要のない商品

検索結果の並び替えが出来たら、次にサムネイルとタイトルで

商品の詳細ページを見る必要があるかどうか判断していきます。

サムネイル

プロが撮影したようなレンズが綺麗に見えるサムネイルは

テンバイヤーが販売している可能性大で、利益が取れる価格で、まず落札できません。

商品タイトル

レンズの名前のほかに、完動・美品・極上品など商品を誇張したタイトルの商品も

他の転売ヤーが出品している可能性が高いので、利益が取れる可能性が少ないです。

上のようなタイトル、商品写真はわざわざクリックして見なくて大丈夫です。(笑)

時間がもったいないので、、、。

素人が撮影した写真や、誇張したタイトルじゃない商品を見ていきましょう!

商品詳細ページでの注目キーワード!

サムネイル、タイトルでの判断が出来たら、

商品の詳細情報を確認していきます。

商品詳細ページでは、OKワードとNGワードがあります。

OKワード:レンズ内のホコリ、ゴミ、チリ混入は

NGワード:カビ、くもり、バルサム切れあり、AF不良

となります。

NGワードは、撮影に影響があるために販売した際にクレームになる可能性があります

こういう商品ページは仕入れ対象OKの商品説明ですね。

イーベイとの価格差を調べる

仕入れ対象商品が発見できたら、実際にイーベイで価格を調べていきます。

先ほどの商品で調べていきましょう!

まずは、タイトルを検索できるワードに変換していきます。

変換前:タムロン SP AF90mm F2.8 マクロ1:1 USED ソニー、ミノルタマウント 

変換後:TAMRON SP AF 90 2.8 macro sony 

となります。

変更部分はカタカナの部分はローマ字に、AF90mmの間に半角スペース、mmやFは取り除きました。

変換後のキーワードをイーベイに入力します。

左側の並び替えメニューを変更していきます。

イーベイで検索するときは、必ず以下の設定にしてください!

Condition:Used

Format:Buy It Now

Show only:Sold listings

この3つにチェックしてください。

こうしてヤフオクの価格とイーベイの販売価格を調べていきます。

価格差のある商品は経費、送料を考慮して利益が取れる価格で入札を行っていきます。

あとはこれを繰り返していくだけです。簡単ですね。

オークファンを使って入札予約をするのも効率化する方法ですね。

オークファンプレミアム会員で仕入れを効率化しよう!

最後に

リサーチは本当に作業です。

この作業をこなしていくことができるのか。カメラ転売はこれに尽きます。

なにかいいリサーチ方法はありますか?

稼いでいる人は特別なことをやっている。

いえいえ全然そんなことはありません。

ヤフオクで見つけた商品がイーベイで売れているか調べて利益の取れる価格で入札し仕入れる。

これのみです。

これをしていけば、勝手に5万10万稼いでいくことができます。

単純明快な王道リサーチ方法でした。




あなたのシェアが欲しいです(笑)




完成!カメラ転売サポート始動!
現役の中古カメラセラーが
作った完全無料講座はこちら

カメラ転売を0から始められるように
無料講座をはじめました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です