実録!イーベイ輸出でリターンリクエストの対処方法!!




みなさん、こんにちは!

&RYUです。

カメラ転売をしていると、「中古」の商品を扱っている以上、クレームはありますし、

世界に配達している以上、配送トラブルにも巻き込まれます。

なので、僕が体験したトラブルクレームを実録でお話していきます。

2018年にポリシー変更がありましたので、それを基に説明していきます。

eBay輸出!2018年春のセラーアップデート発表!

リターンリクエストの対処方法

商品は無事に到着したが、商品説明と違うと言って、リターンリクエストが挙げられました!

リターンリクエストは返品制度のことです。

リターンリクエストを受けると、登録したGmailにこのようなメールがきます。

相手から、リターンリクエストがきましたというメッセージです。

青枠の「See request details」をクリックし、実際に確認してみましょう!

まずは、コメントを確認しよう!

「See request details」をクリックすると、リターンリクエストの専用ページに行きます。

そうすると、ページ内で、バイヤーからの返品理由とコメントが記入してあります。

今回の返品理由は、レンズが正常に作動しない。ということ、

コメントに、一部の絞りが上手く機能していないということでした。

この返品は、本格的に僕がebayのカメラ輸出を始めて、2ヶ月目の出来事でした。

当時は検品の方法も問題があったようで、このようなリターンリクエストをもらう結果となりました。

リターンリクエストに対する対処方法これだ!

初めにリターンリクエストを受けた場合のセラー(自分)の対処の種類について

大きく3つの方法に分けられます。

リターンリクエストを受けた場合、

1.返品を受け入れ、全額返金を行う

2.代金の一部返金を行い、商品は戻ってこない

3.全額返金を行う

このような形になります。

どのようにリターンリクエストを受け入れるかは、

事前にバイヤーとやりとりしましょう!

今回の対応はこれでした。

バイヤーとのやりとりはこのような形で進めて行きます。

今回、相手からは全額返金の希望でしたので、返品を受け入れ、商品が戻ってきてから、

全額返金の対応となりました。

リターンリクエストの専用ページでは、こちらが返品を受け入れたり、相手が発送したりすると、

きちんと記録が取られて行きます。

返品送料はどうするの?

ここできちんと理解しておかなければならないのが、

基本的に、イーベイの返品送料はセラー負担ということです。

今回は、こちらの検品不足による商品不良でしたので、返品送料を負担しました。

返品送料は、ペイパルから直接返金します。

イーベイ輸出でペイパルから相手に送金する方法!!

商品が戻ってきたら?

商品が戻ってきたら、すぐに返金するのではなく、一度商品を確かめましょう!

バイヤーは元の状態で返品することが義務付けられています。

送られてきた商品に間違いないか。壊れていないかなど、絶対に確認してください!

イーベイ上の返金ページはこちらです。

問題がなければ、「Send a full refund」を選択し、「Next」をクリックします。

もし返品された商品に問題があった場合、返金額の調整ができます。

「Decide what to refund」を選択し、返金額の減額を設定します。

最後に確認画面にて再度、返金額の確認をし「Send refund」をクリックします。

これでリターンリクエスト終了となります。

最後に

トラブルは物販には付き物です。

最初はかなりエネルギーも取られますし、傷つきます。

でもそれを差し引いても、輸出転売は儲かるので、コツコツ続けていきましょう!

 

 




あなたのシェアが欲しいです(笑)




完成!カメラ転売サポート始動!
現役の中古カメラセラーが
作った完全無料講座はこちら

カメラ転売を0から始められるように
無料講座をはじめました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です